POD HD Pro X

POD HD Pro X

Line6からPOD HD Pro Xが発売されます。
前々からPODは欲しいと思っていたのですが、お金がなくて見送っていたんですよね。
おそらく今回も見送りだとは思いますがw

さて今回のPro Xですが、前バージョンとほぼ変わりありませんね。
ただしDSPが強化されているので、デュアルアンプの使用でDSPに引っ掛かりエフェクターを増やせないなんて事は減るはずです。

逆にそんなことをしない方は特に必要性がないのかもしれません。
特にアンプやエフェクターの数が増えているわけでもありませんし。

個人的にHDからモデリングが一新されたので、次モデルまで待つ方がアンプも増えていいような気がします。
僕はDIEZELが入れば、間違いなく買うと思います。レクチはどうも好きじゃない。



↓よければポチッとお願いします
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

近況報告

  • Day:2013.10.30 22:04
  • Cat:日記
ミックスに手間取ってます。
ギターの音が決まらないんですね。

ギターリストですが、ギターのミックスが一番苦手です。

いま手がけているのはJacksonのSoloistで録ったのですが、どうも音が決まらない。
前々からそうなんですけど、アルダー特有の中高音が処理しきれないんですね。
嫌なジャキジャキ感が残って、耳につきます。
500~2kあたりにピークが複数いるような印象です。

そんな理由もあって先日は新しいギターを買ったんですが。

この楽曲は少し楽器が多いこともあって周波数の整理が大変でしてスネアが犠牲になります。
とある楽器が被ってることは分かってるのですが、メインで聴かせたいんですよね。
うまく帯域を分けたいのですが、そこにギターが絡んでるのでやりにくいと言うわけです。

新しいギターで録り直すのも考えましたが負けたみたいで嫌だし、何よりギターのRECは嫌いですw

リスナーが気に入ってくれるかは微妙なところですが、わりと個性的な音楽だと思うのでこの楽曲はシッカリと仕上げたい。
少し時間がかかりそうですが、公開できるところまで持っていきたいですね。
ここ最近は4連続でボツ曲を生産してますのでw



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Ibanez RGA42Eを買いました

Ibanez RGA42EIbanez RGA42E


前々からマホボディーのギターが欲しかったんですが、IbanezのRGA42Eが今回ちょい傷品で値下げされてたのでお小遣いから分割払いで買いましたw

Ibanez RGA42E
ネックメイプル
指板ローズウッド
ボディマホガニー
PUNeck:EMG85、Bridge:EMG81
その他1Vo、1Tone、ノントレモノ


実はSchecterのDamien Platinum 6の悩んでたんですが、最終的に値下がりが決定打となりましたね。
ちょい傷品ということでしたが、パッと見では絶対分からないくらいの細かい傷でした。
これくらいなら問題ないですね。

せっかくなので軽くレビュー

1.全体
⇒実に光沢がキレイで高級感があります。ペグはちょっと安っぽいかな。
 PUセレクターは個人的にトグルの方が好きです。あとVoノブの位置が邪魔です。
 Gibraltar Standard フィクスド・ブリッジっての結構いい感じ。後方からでも裏からでも弦が通せます。

2.弾きやすさ
⇒ネックが薄くスウィープなんかする人は弾きやすいかと。
 個人的にはもう少しRがあってもいいかな。

3.音
⇒EMG搭載ということもあって、音の分離はいいです。
 思ったより中音が出てるのでジャキとした部分があり、意外とクリーンがきれいです。
 スーパーローは控えめですが、低音はけっこう出てます。

4.サスティーン
⇒これだけあれば十分です。


総括すると値段が3倍くらいするJacksonのSoloistを所有してますが(こちらはアルダーボディー)、
作りも音もまったく引けをとりませんね。
むしろ出音としては、こちらの方が聴きやすくラウド系を弾くにはもってこいだと思います。
違いはスルーネックかどうかという事くらいでしょうか。

ただし音にEMG特有のコンプレッション感があるので、強弱は付けにくいです。
その分パンチがある音になっていると思います。ジャンルは選ぶギターでしょうね。

逆にメタルやモダンラウドをやるのなら、相性は抜群です。
個人的には上位機種と比べ細かい作り込みが違うだけで、出音の差はほとんど体感できないレベルかと。

まだ十分に弾きこんでないので、修正があれば書き足していきますね。
それでは



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

SONARが落ちた(T T)

  • Day:2013.10.27 23:43
  • Cat:DTM
SONARが落ちる?落ちたことねーよw ( ´,_ゝ`)プッ
と普段からバカにしてましたが、初めて落ちました。

ちょうどミックスダウンの最中で3時間保存してませんでした。
保存はまめにしましょう。

僕のPCは一応Core i7搭載なんですが860と微妙だし、そもそもメモリが6GBしかありません。
あんまりシンセを使ったりしないので、まぁなんとかなっていたのですが
ミックスすると5GB以上のメモリを食うので、追加した方がいいですね。

という事でAmazonで軽く調べたんですけど順調に値上がってますねw
一時は16GBでも1万以下で買えたのに・・・

でも、このまま使い続けるのは不安なんで買うしかないですね。
はぁ、新しいギターも欲しいのに・・・



↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

コンプレッサーの設定方法

ProChannel-Expanded.png

書くこともないので、少しづつミックスについて僕なりの方法を解説しようと思う。
まずは第1回ということで、一番の鬼門とも言えるコンプレッサーを。

まず各パラメーターについて
Threshold:コンプが掛かり始める音量(これを超えた音量に対してコンプが掛かります)
Attack:Thresholdを上回る音量を検知してから、コンプが掛かり始まるまでの時間
Release:Thresholdを音量が下回ってから、コンプが解除されるまでの時間
Ratio:圧縮する比率
Knee:Ratioで設定した圧縮率までに要する時間(コンプの掛かり角度)
Output:出力レベル

コンプによってはThresholdがなくてInputの場合がありますね。
SONARのProChannelに搭載されているコンプもそうです。
この場合は、Inputを操作して掛かり始めの音量を調節します。

上記の設定を見ても分かるとおり、コンプはThresholdを超えた音だけを圧縮するわけではありません。

Thresholdを超えてもAttackタイムにならないと完全に圧縮されないし、
Thresholdを下回ってもReleaseタイムにならないと完全に圧縮が解除されません。

設定でそのようにすることも可能ですが、それはもはやLimiterになっちゃいます。
(LimiterもMaximizerもコンプですが)

------------------------------------------------------------------------------------------------------


それでは設定方法の解説に移りましょう。

あるあるなのが、教則本の付属CDを聴いても違いが分からないってパターン。僕もそうですw
そこで以下の手順で設定すると初心者でも分かりやすいと思います。

まず設定前にAttack、Releaseとも最小にRadioは8:1くらいに設定します。
これにより音が最初から最後まで圧縮され、余韻もかなり大きくなるのでパツパツのコンプサウンドになり
誰でも分かると思います。ここから調整です。

1.リダクションメータを見ながら、Threshold(Input)を決める
⇒ガッツリかけたいなら8db以上。4dbでも十分に圧縮されてます。

2.Attackを徐々に上げていく
⇒最小だと全て圧縮されて平坦な音になるので、音頭は圧縮されないようにAttackを遅くして
 アタック感が残るくらいにすればよい。
 この時、Releaseが大きすぎて常にコンプが掛かりっぱなしで分かりにくい場合があるので
 その場合はReleaseを下げましょう。

3.Releaseを徐々に上げていく
⇒余韻が自然な感じなるように設定。
 スネアとかだと「パァァァァン」の「ァァァン」の聴こえ方で判断。

4.Ratioを上げたり下げたりして、好みに調整
⇒通常は2:1~8:1の間でよい。8:1もあんまり使わないと思います。

5.Outputで音量を調整


以上の方法で初心者でも教則本やネットの値をまるごとコピーから脱却できると思います。
変化が分かりにくい場合は、コンプON・OFFを何度も繰り返して聞き比べましょう。

陥りやすいのが、常にコンプが掛かった海苔波形になってしまい、音圧は上がっているはずだが
アタックがなくなり、全体で混ぜると埋もれちゃうパターン。アタックは残した方がいいです。

またOutputを上げすぎて、音量を上げてるだけなのに音圧が上がったと勘違いするパターン。
コンプ前後でレベルは変わらないけど、聞こえが良くなったり、音圧が上がるところを目指しましょう。

次回は未定ですが、気が向いたらEQやリバーブ編も書きます。
それでは



↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

SONAR X3の情報がYOUTUBEで公開

  • Day:2013.10.03 21:40
  • Cat:DTM


環境が整うまでは引き続きROLANDが販売を行う事が決定したようです。
次のバージョンは分かりませんが、とりあえずX3を利用するのは問題なさそうな感じです。

さてYOUTUBEのCakwWalkチャンネル「CAKE TV」にSONAR X3の動画が上がってますね。
プラグインが結構変わりましたが、他はマイナーチェンジ程度の印象です。

個人的には「QuadCurve EQ Zoom & Analyzer」は欲しいです。
ProChannelはそれぞれ画面が小さいので視覚的に分かりにくいんですよね。
それにAnalyzerもセットになっているので、一緒に確認もできていいです。

というか、なぜ今までなかったと疑問に思うような機能ですね。

アップグレードに2万円弱という金額がかかるだけに悩むところです・・・。



↓よければポチッとお願いいたします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。