スケールのお話

20140119_scale.jpg

何度も言いますが、理論で考えて作る曲は嫌いです。感性で作りたいです。
でも使わない事と知らないことは違います。

でも使ったり、意識しないと忘れちゃうので今日はスケールのお話。
チャーチ・モードについて解説します。

図はCメジャーのスケールです。要するにドレミファソラシドです。
このメジャースケールのことをイオニアン・スケールと言ったりします。

このイオニアンを分析すると、隣り合う音の音程差は全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音となります。
ドとレは全音、レとミも全音、ミとファは半音の開きがありますね。

このままⅡ音(レ)からスタートすると全音、半音、全音、全音、全音、半音、全音となりますね。
この並びをドリアン・スケールと言います。レミファソラシドの音階です。
勘違いしてはいけないのが、キーに対してこの音程差で並べたスケールということです。
つまりCドリアンはド、レ、♭ミ、ファ、ソ、ラ、♭シ、ドとなります。

同様にⅢ音から始まる半音、全音、全音、全音、半音、全音、全音のスケールをフリジアン・スケール
同様にⅣ音から始まる全音、全音、全音、半音、全音、全音、半音のスケールをリディアン・スケール
同様にⅤ音から始まる全音、全音、半音、全音、全音、半音、全音のスケールをミクソリディアン・スケール
同様にⅥ音から始まる全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音のスケールをエオリアン・スケール
同様にⅦ音から始まる半音、全音、全音、半音、全音、全音、全音のスケールをロクリアン・スケール

と言います。
ちなみにエオリアン・スケールはマイナー・スケールのことですね。

またイオニアン・スケールの4、7音を抜いたスケールがギターリストの良く知るペンタトニックと言います。
別名ヨナ抜きと言って、沖縄音楽や演歌でこの音階がよく使われています。ドレミソラドですね。

ただしロック系のギターでよく使うペンタトニックは、実はマイナーペンタトニックである事がほとんどでエオリアン・スケールの2、6音を抜いたニロ抜き音階です。

以上の7つのスケールの総称をチャーチモードと言います。理由は知らないけど
ギターソロなんかを弾くときに意識的に使ってみてもいいかも知れませんね。

それではまた



↓よければポチッとお願いします
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

カンカラ三味線キット

  • Day:2014.01.15 20:50
  • Cat:音楽
5973432_o3.jpg

昨日エレキ三味線欲しいと書いたとこですが、おもしろい物を見つけました。カンカラ三線です。

名前は聞いたことある。ってだけだったのですが、自作キットが安く提供されていて興味をそそります。
4200円だって。

見てのとおり缶々に棹(ネック)をブッ刺して作るみたいです。
おもしろそうじゃないですか。子供のころに自作したオモチャみたいでテンションがあがります。

これは戦時中に三線がなかった沖縄の方が作っていた物で、いわゆる三味線ではありません。三線です。
本土の三味線と、沖縄の三線は何が違うかというと、調べた限りでは・・・

1.スケールが違う。
2.胴に張る皮が違う(関係ないですけどw)
3.バチ、ピックが違う
4.つーか音が違う

という事のようです。
似て非なるものと説明されておりますが、なんか面白そうなので買うかもしれません。

みなさん自分でペイントしたりして、楽しんでるみたいです。
音はEQでがんばりましょう。
なんならピエゾ搭載してエレキにしちゃいましょう。

買ったら、製作工程でもアップしたいですね。
それでは




↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

エレキ三味線

  • Day:2014.01.14 21:11
  • Cat:音楽
65082sa.jpg

前作「空蝉ディスコ」で三味線を使ったのですが、よいプラグインがなくて思った音とちょっと違う。
自分で弾ければいいんだけど持ってない。

そこで色々調べてたんですが、エレキ三味線というのがありますね。
ただ需要がそこまであるわけでもないので少ないです。

その中で価格と内容が比較的僕にマッチしてるのが「しのびね」という三味線です。
78,000円です。それでも高いですねw

いずれは買いたいなぁ



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

近況報告

  • Day:2014.01.13 22:04
  • Cat:日記


最近DIRTY LOOPSにはまってます。かっこいいです。
基本メタラーだけど何でも聴きます。

メタラーって割と幅広く聴く人が多いですよね。
リハの時とかにサラッとジャズフレーズ弾く人もけっこう見かけるし。

逆はあんまりないですね。
ジャズ奏者は「はぁ?メタル?」ってバカにする傾向がある。
そういう意味ではメタラーの方が音楽的だし、楽しんでると言える。

さて雑談はさておき、進捗状況ですが・・・
1曲完成済み。ほぼ完成が1曲という感じでしょうか。

ただ完成済みの曲はniconicoには投稿しません。
もう少しで完成する曲は投稿しますが、かなり先になりそうです。
今年は色々活動を広げてがんばりたいです。

夏くらいにはアルバムを作りたいと思ってます。それ専用に暖めてる曲もあるので。
アルバムには今までの曲はなるべくカットして、未公開曲を入れたいです。
ラウドロック全開にしたいです。

とまぁ書くだけなら自由なので。
実際はそう上手くいかないだろうなぁ・・・



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

YAMAHA MSP3 レビュー

  • Day:2014.01.08 20:50
  • Cat:DTM
YAMAHA MSP3.jpg

以前の記事に少し書きましたが、YAMAHA MSP3というモニタースピーカーを導入したのでレビュー。

届いてみてビックリしたのですが、非常に剛性な作りとなっています。重いです。
それだけ頑丈だと思いますし、これほど重量があれば本体が安定するので音の鳴りもよいはずです。

価格的にもペアで23,500円とリーズナブル。
出力は20Wと控えめなのですが、大きい物を買って鳴らしきれないよりは良いと考えました。
MSP3のボリュームはMAX固定で、IF側のボリュームは9時まで上げるのが限界です。20Wで十分ですね。

さて肝心の音については、それほどエイジングも進んでないのですが解像度は非常に高いです。
ただ再生周波数帯域が65Hz~22kHzなので仕方ないと思いますが、低音は少し分かりにくいと感じました。
感覚的には200Hz以下が分かりにくい感じでしょうか。

50Hz~の再生可能周波数が欲しいところですがサイズ、値段を考えると十分許容範囲内です。
この辺はセッティングを煮詰めれば多少改善しそうな気はします。

逆に中高音以上はとてもクリアに聞こえ、今まで分かりにくかった環境が一変しました。
定位感、解像度とも想像以上に良い物だと思います。

写真では分かりにくいですが、ウーハーのグリル(網のやつ)を外しました。
他にも試されてる方は多いようですが、僕の環境下では音量が急激に上がりました。
解像度も若干良くなりました。個人的には外した方がいいと思います。
刺さっているだけなので、細い棒を網目に突っ込んで引っ張れば簡単に外れます。

入力はRCAピンの入力1、XLR or フォンの入力2の2系統です。
また前面にHIGHとLOWの調整ノブがついてますので、僕はかなりLOWを上げてます。

今後はインシュレーターを含めて、もう少しセッティングを詰めたいですね。
それでは



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

転調のお話

20140108_転調

音楽理論は知ってても作曲は感性で行うものであって、「理論がぁっ」て言いながら作る曲は好きじゃない。
自動作曲マシンと大差ない気がするから。

とは言いながら、何か詰まった時には役に立つので覚えておいて損は絶対ないですね。
で、今作ってる曲がやたらと転調するので忘れかけていた転調について書きます。

その曲のキー(トニック)を中心にドレミファソラシドで並べていくと
Ⅰ-Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅶm(-5)というコード構成になります。

Ⅴはドミナントと言い、このドミナントをキーとする調を属調と言います。
もっとも安定しています。僕が転調する場合は大概これになってると思います。

Ⅳはサブドミナントと言い、これをキーとする調を下属調と言います。

ちなみにトニック、ドミナント、サブドミナントのコード構成をスリーコードと言って
キーが"C"の場合は"C"、"G"、"F"となりド定番ですね。

これにⅥmにあたる代理コードを追加した"C"、"G"、"F"、"Am"も有名だと思います。
この代理コードであるⅥmをキーとする調を平行調と言います。
※なぜ代理コードと言うかは構成音がトニックとほぼ同じだから代わりに使えますよって事ですね。
 (C:ドミソ、Am:ラドミ)

最後になりますが、トニックであるⅠをマイナーにした調を同主調と言います。
"C"の場合は"Cm"ですね。

以上の属調、下属調、平行調、同主調の4つが転調の基本となります。
いつも同じ転調ばかりになってしまう場合は、意識して変えてみるといいかもしれません。

実際は属調の平行調とか色々な転調がありますが、この辺はまた機会があれば



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

遅ればせながら

  • Day:2014.01.06 20:09
  • Cat:日記
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

実はちょっと遅めのクリスマスプレゼントという事でMSP3を買ってもらいました。
前から気になっていたYAMAHAのモニタースピーカーですね。

MSP5の方がいいと思ったのですが、部屋が狭いもので鳴らしきれる方がいいと思ってこちらを購入。
まだエイジングもそこそこなので、もう少し余裕を見てレビューしたいと思います。

曲の方は少し足踏み状態。
転調を2回繰り返す曲を作っていて、オケだけだと問題ないのですが
どうも歌を入れると違和感があって試行錯誤してるところです。

なんとか1月中に1曲がんばります。



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。