PCが壊れた 続報

  • Day:2014.04.15 23:57
  • Cat:日記
先日書いたマザボの不具合ですけどね。
CPUファンの取り付け時にプラスチックのピンが折れちゃったから、買い直したんです。

そしたら、またメモリを認識しない。今度は何度やってもダメ。
たぶん30回くらいCPUの付け直しやった。

さすがにこんなマザボと付き合うわけにも疲れたので、交換を決意しました。
ただCPUがCore i7 860で、ソケットがLGA1156なんですが、もう売ってない。
あっても高い。今は使われてないですからね。

要するにマザボを交換するという事はCPUも一緒に買い替えという事になります。
エラい出費です。ASUS恨みます。結局またASUS買うんですけど。

とういことでマザボはH87-PLUS、CPUはCore i7 4770を買いました。
43,000円です。もう逆立ちしても金はありません。

昨日届いたので組み直しましたが、マザボが小さいです。
CPUファンを付けると、巨大なフィンを持つメモリは干渉して使えません。

僕は2種類持っていたので、小さい方をファン側に設置してギリギリでした。
ファンとメモリの隙間は5mmくらいだと思います。
ファンの向きを反対にすれば解消しますが、すぐ後ろに排気ファンがあるので効率が落ちます。

とりあえずは一通りOSのインスコまで終わったので、これからDTM関係の長~い環境構築が始まります。
1週間じゃ終わらないんじゃないだろうか・・・




↓よければポチッとお願いします
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

ASUS P7P55Dでメモリが半分しか認識しない

  • Day:2014.04.10 23:52
  • Cat:日記
PCが壊れたので修理ついでにメモリを増設しました。
ところがメモリが半分しか認識しないんです。

普通は相性問題を疑いますよね。僕も最初はそう思ってました。

でも2GB×2、4GB×2の構成でちょうど6GBしか認識されていない。
という事は1枚ずつ認識されていないんです。要するにデュアルメモリになっていない。

何度も刺し直しをしたけど改善されませんでした。
メモリを入替えて刺しましたが、状況は変わらずでした。

ただメモリを入替えても状況が変わらないということは、逆に言えばメモリ自体に問題はないという事です。
そこで気づきました。

メモリってCPUによって、どれだけ認識できるか変わるよな?
CPUに問題あったしないだろうか?

結局はこれが正解で、CPUを再度刺し直ししたら解決しました。

その後に調べて分かったのですが、ASUSのP7P55Dは初期ロットに不良があって接触が悪いらしいです。
そんなん分かりませんやん・・・




↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

PCが壊れました(´・ω・`)

  • Day:2014.04.08 20:14
  • Cat:日記
タイトルの通りです。PCが壊れました。
Cドライブに割り当ててるHDDですね。

一番やっかいなところです。
グラボが壊れたくらいならパーツ交換して終了なんですけどね。
OSのドライブが壊れると、Windowsの再インストールからやらんとダメですもんね。

OSの入れ直しくらい別にいいんですけどね。
問題はDTM関係ですよ。たぶんおそろしく時間がかかる・・・。

そしてメールも消えたから、各ソフトのレジストレーションコードとか分からんかもしれん。
それが一番やばい。
ダウンロードで購入したプラグインもかなりありますからね。

なんせ突然死だったもんで、バックアップとかないわけですよ。
まぁ僕が悪いんですけど。

かなり気が重い・・・




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

7弦用のパッシブPUを探す

324553.jpg

最近買った7弦ギター用のPUを探しています。
超安物なんでPUくらいは変えたい。なんか音が汚いんすよね。
まぁPUだけの問題じゃないでしょうけど。

結局のところ無難なSeymour Duncanに落ち着きそうですね。
昨年、7弦用に新作を投入しているようで見る限り良さそうです。

まずはリア用を変えるので候補はPegasusとNazgûlでしょうか。

Pegasusuは若干パワーは抑え気味で音の分類が良いらしい。
7弦ギターはドロップAでコードもちょっと複雑なものを使いたいので、こっちが本命。

ただ速いリフに合いそうなNazgûlも気になる。
というかPegasusを買うべきなんだろうけど、Nazgûlの方が欲しい。

理由は名前。ペガサスと言ったら聖闘士星矢しか思い浮かばへんし、Nazgûlってなんかいいやん。
7弦らしく重いの弾きたい気もするし、パワー欲しいかもと。

交換は自分でするけど、タップついてるのって初めてだな。
回路図見ておこう。その前にいつ買うか分からんけど。




↓よければポチッとお願いいします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

PRESONUS 44VSLのプチノイズについて

  • Day:2014.04.03 21:31
  • Cat:DTM
先日購入したPRESONUSの44VSLを使って、初めてRECしたんだけどプチノイズが発生する。
再生時には問題ないんだけど、録音の時だけ出るんですよ。

1~2秒に1回程度ブチッというノイズが発生するので、完全に許容範囲を超えている。
このままでは使えないんで、色々と試してみたので覚書。

①USBポートの変更 ⇒ 意味なし
②サンプリングレートの変更 ⇒ 44.1kHzまで落とすと、多少効果はあるが完全にはなくならない
③サンプリングビットの変更 ⇒ 16bitまで落とすが効果なし

②、③で効果があった場合は、ノイズを減らすために音質を犠牲にすることになるので
逆に良かったくらいなのですが、結局ノイズがなくならないと意味がない。

最終的に一番面倒くさいドライバの入替えをすると解決しました。
具体的には最新のv1.2.1からv1.1に変更。

ノイズは消えたんですけどね。別の問題が出ます。
余計なCPU負荷をかけたくないのでVSLはOFFってたのですが、v1.1だとVSLをONにしないと音が出ない。
ヘッドフォンももちろん使えない。

またSONAR側で「バックグラウンド時にドライバを解放する」のチェックを入れていないと
SONAR使用時は他のアプリで音が出ない。
⇒4/6 突如チェック外しても動作するようになった。快適。
 ただし、Windows起動後のデバイス認識で1発目は必ずこける。再度起動し直せば問題なし。

この問題が解決できればいいですが、ちょっとねぇ。
もう少し考えてみます。




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

7弦ドロップAのゲージを考える

20140402_erniball.jpg

先日買った7弦ギターですが、もっぱらチューニングはドロップAで使う予定です。

標準ではERNIE BALLのRegular Slinky 7(010~056)が張られているわけですが、
ドロップAの場合、7弦のテンションが足りない。

ピッキングした時のビョーンて感覚が嫌いでして、もう少し太いのを張りたい。
探したのですが、ERNIE BALLはバリトンや8弦ギター用を除いて058が最も太いみたい。
7-STRING POWER SLINKY(011~058)ですね。

でも、これを張っちゃうと1~3弦のテンションが高すぎるんですよ。
チョーキングするのに指が痛い。そしてハチ切れそうな感覚が嫌い。

色々考えたんですけど、6弦ギター用のREGULAR SLINKY(010~046)を一緒に買って
1~6弦 ⇒ REGULAR SLINKY、7弦 ⇒ 7-STRING POWER SLINKYの058を張ることにしました。

7-STRING POWER SLINKYの1~6弦が余りますが、これは1音下げ用のギターに使えばすべて解決。
我ながらいい解決策が見つかりました。
ダダリオに乗り換えるという手もありますが、どうなんでしょうねぇ?




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Schecter Omen Extreme-7買いました

20140401_omen_extreme7.jpg

ずっと6弦をダウンチューニングして使ってたのですが、曲によってはどうしても7弦が欲しい時があります。
音域もそうですが、巻き弦とプレーンのニュアンスの違いであったりもあります。

今作ってる曲がドロップAなのですが、チューニングを変えるのが面倒というのもあったりして
安い7弦ギターを探していました。弦まで変える必要がありますからね。

そこで発見したのがSchecterのOmen Extreme-7です。
価格は38,000円。安いです。入門用ギターレベルですね。
どうせPUは変えるだろうし、今回はパッシブにしたかったので買っちゃいました。
(7弦のギターってアクティブが多いんですよね)

という事でレビュー

1.見た目
普通。可もなく不可もなく。
目だった手抜き感もないし、フレットもちゃんと入ってる。でもキレイではない。

2.操作性
ネック寄りのVoノブがリアPU用で、ブリッジ寄りのVoノブがフロントPU用という謎仕様。
分かりにくい。そして使いにくい。

3.バランス
重い。そしてフロントヘビー。この辺は7弦だからしょうがないけど

4.音
この値段ならこんなもん?音の分離は少し悪い。多少グシャとした音かな。
出音も少し詰まったような感じがしました。
サスティーンが短いというよりは、アタックが強くてすぐ減衰する感じ。

総合してみると、38,000円という感じです。
定価では6万円ちょっとするんですけどね。

個人的にはもう少しボディーが薄くてもいいかなーと。

とりあえずSchecterオリジナルPUはダメです。音の分離は悪いし、パワーもない。
フロントPUに関しては、弦間ピッチと全く合ってないしw

実質6万弱で手に入れたIbanezのRGA42Eと比べると、明らかに見劣りします。
これが2万の差でしょうか。RGA42Eは手持ちのSoloist(18万)と比べても全然見劣りしないんですけどね。

色々文句書きましたが38,000円ですので、こんなもんでしょう。
多くを望んではいけませんよね。これから弄るのも楽しみですし、なんやかんやで楽しく弾いてます。

ということで商品レビューでした。




よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。