我思う2

  • Day:2013.07.18 20:34
  • Cat:音楽
某掲示板のボカロ系スレッドを久しぶりに見た。

以前にも一度見たことあるんだけど、荒らしとか自称玄人さんが多くて100レスも見ないうちにやめた。
もっと音楽的な話とか調教方法とかの話だと嬉しいけど、まぁそれは期待する方があれだな。

でその掲示板でのやり取りでこういうのがあった。

「曲作りたいけど、どうすればいいのん?初心者なんです。」
「まずは理論覚えろ。」

これって僕的にはかなり衝撃的なやり取りで、かなり違和感を覚えた。
周りも「そうだねー」みたいな感じで、そのままドミナントがどうやら転調がどうやらって話になる。


僕の育ってきた環境では

        「色んなジャンルの曲をたくさん聴け。それとコピーしろ。」

が通説だし。それが正しいと思ってる。


もちろん某掲示板でも「当たり前だろ。そんな事は分かってる。」って言うだろう。
でも第一選択肢として、理論が上がること自体がそもそもおかしい気がする。


ボカロを聴いて音楽やりたいと感じるのはすごくいい事だと思うけど、
自分でも音楽を作ろうとするのであれば、色んな音を耳していなければならない。

理論はその次でいい。


1.なるほど、理論上このコード構成ならキレイに聴こえるのか。ドミナントがぁ、サブドミナントがぁ・・・
⇒アンタの感性どこいったん?

2.いつも同じコード進行だな。理論で変えてみるか。
⇒同じような曲ばっか聴いてるからだ。

と思っちゃう。性格悪くてごめんなさい。


じゃあ理論で作った曲と、感性で作った曲を見分けれるのか?と言われれば難しいだろう。
でも寂しいじゃない。もっと曲に入り込んで作りたいじゃない。

というお話でした。




↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。