ProChannelのルーティング

  • Day:2013.07.22 20:36
  • Cat:DTM
今更致命的なことに気づいたので覚書。

基本的にSONAR X2 Producerを使って作曲しています。
ミックスの音質調整はほぼProChannelで完結するんだけど、ふとルーティングが気になって調べた。

ドラム、ベースやVoなんかは問題ないんだけど、ギターのルーティングが気になったのだ。
ギターはアンシュミのTH2を使ってるが、これが外部エフェクトという扱い。
つまりProChannelがTH2の前に配置されているのか、後に配置されているかが問題となる。

結果は予想通りルーティングがおかしかった。

ProChannelは個々のエフェクト毎にエフェクトプラグインの前か後かと選択できるらしい。

20130722_Rooting.jpg

で、コンプレッサーだけはデフォルトで前に設定される仕様という事が発覚した。
僕の環境ではコンプレッサー→TH2→EQ→チューブ・サーチュレーターになってた。

もちろんコンプを前にかけることもあるが、ミックスの場合は後ろにしないと意味が無い。
今までの2曲はこの状態で仕上げてたわけで、軽く凹む。
ミックスの時に音で気づくだろというお話だけど、残念ながらそんないい耳は持ち合わせてない。

たぶん同じ状態の人も結構いると思う。今後は気をつけよう。




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。