TH2のモデリングサウンド比較をやってみた

  • Day:2013.04.22 22:11
  • Cat:DTM
ギターの音作りはOverLoud社のTH2で行っています。

最初はPOD HDが欲しかったんだけど、録音後に調整したいので実用性を考えてプラグインにしました。
アンプシュミレーターと言えば、モデリング音が気になるところなのでいくつかテストしてみたよ。

Mesa/BoogieのDual Rectifierと、Peavyの5150、RandollのThreadplateです。
軽くパワーを上げるため、アンプ前にブースターを置いてます。



やっぱり5150は好きになれない。
時々スタジオにも置いてあるので、弾いたことはあるんだけどどうもねぇ。

Mesaはちょっとレクチっぽくないかなと思いました。
まぁ音作りもあるんでしょうけど。

僕的には最後のRandollが意外と良かったです。
少し音が汚いですが、この辺はもう少し設定詰めればあれですし、そもそもちゃんと弾いてない。

まだ全然触っていないので、これから煮詰めていきたいですね。



↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。