YAMAHA MSP3 レビュー

  • Day:2014.01.08 20:50
  • Cat:DTM
YAMAHA MSP3.jpg

以前の記事に少し書きましたが、YAMAHA MSP3というモニタースピーカーを導入したのでレビュー。

届いてみてビックリしたのですが、非常に剛性な作りとなっています。重いです。
それだけ頑丈だと思いますし、これほど重量があれば本体が安定するので音の鳴りもよいはずです。

価格的にもペアで23,500円とリーズナブル。
出力は20Wと控えめなのですが、大きい物を買って鳴らしきれないよりは良いと考えました。
MSP3のボリュームはMAX固定で、IF側のボリュームは9時まで上げるのが限界です。20Wで十分ですね。

さて肝心の音については、それほどエイジングも進んでないのですが解像度は非常に高いです。
ただ再生周波数帯域が65Hz~22kHzなので仕方ないと思いますが、低音は少し分かりにくいと感じました。
感覚的には200Hz以下が分かりにくい感じでしょうか。

50Hz~の再生可能周波数が欲しいところですがサイズ、値段を考えると十分許容範囲内です。
この辺はセッティングを煮詰めれば多少改善しそうな気はします。

逆に中高音以上はとてもクリアに聞こえ、今まで分かりにくかった環境が一変しました。
定位感、解像度とも想像以上に良い物だと思います。

写真では分かりにくいですが、ウーハーのグリル(網のやつ)を外しました。
他にも試されてる方は多いようですが、僕の環境下では音量が急激に上がりました。
解像度も若干良くなりました。個人的には外した方がいいと思います。
刺さっているだけなので、細い棒を網目に突っ込んで引っ張れば簡単に外れます。

入力はRCAピンの入力1、XLR or フォンの入力2の2系統です。
また前面にHIGHとLOWの調整ノブがついてますので、僕はかなりLOWを上げてます。

今後はインシュレーターを含めて、もう少しセッティングを詰めたいですね。
それでは



↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。