オーディオIFが死亡寸前です

  • Day:2014.02.13 20:39
  • Cat:DTM
Scarlett18i20_Banner_.jpg

オーディオIFが死にかけです。インプットレベルが急に小さくなります。
ヘッドフォン端子も接続がグラグラで、ちょっと触っただけで左側からしか聴こえなくなります。
ROLANDの古いIFでUA-25というのを使っているのですが、もう10年選手ですしね。

元々はDTM用ではなくサウンドデバイスとして買ったわけでもったいないことをしました。
DTMに使ったのは1年くらいなわけだから。

買い替えとなると今のところ候補はFOCUSRITE社のIFを考えてます。
Scarlett 18i20が欲しいんですけど、実売価格は5万ちょっとするので財布に優しくない。

現実的なところを考えるとScarlett 2i4かなぁ。

ROLANDのQUAD-CAPTUREもいいんだけど、アウトプットは2系統欲しいので・・・
FOCUSRITE社はプリアンプが良いらしいし、違うメーカーも使ってみたいしね。

あと追記事項としてはプラグインでエフェクターがついてくるらしい。
SONARでも使えるんだって。まぁ使わないだろうけど。

気になるのはサンプリングレートの切替スイッチが見当たらないところ。
ソフトウェアで切替しないとダメなんだろうな。めんどくせぇ。

古いUA-25と比べたら音質アップすることを期待して、もう少しこのまま頑張ってみます。
僕が焦って買うと、すぐ新バージョンが発売されるオチが多いから




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。