TSE AUDIOのアンプシミュレーター X50をデモってみた

  • Day:2014.02.17 21:02
  • Cat:DTM
tse_x50_img.jpg

TSE AUDIOから販売されているX50というアンプシミュレーターのDEMO版を試してみました。
購入しても価格は$29.99なのでかなり安いですね。

本当は音をアップしたかったんだけど、デモ版の制限で数秒に一度音がしばらく出なくなる制限があり断念。
今まで試した中で一番ひどいデモ版です(汗
色々音作りを試してる最中に音が出なくなり、しばらく待たなければならない。

こちらの本家よりデモを聴いてください。
http://www.tseaudio.com/software/x50v2

メタル向けのアンシミュということで、見たままのあのアンプですね。
ブースターに使えるTSE808が内臓されてます。チューブスクリーマーですね。

面白いところは真空管を切替できるところ。6L6GCとEL34を選択できます。

キャビ部分はIRを読み込みできます。マイクもSM57など主要な物は入ってます。
エフェクターはDelayとEQ。チューナーはわりと使いやすいです。

さて肝心の音ですが、サイトのデモですら微妙と感じるのは僕だけでしょうか。
実際触ってみた感想は、まぁ弄れば使えるって感じ。

とにかく抜けが悪い。

X50だけで完結するのは難しいかなと思いました。DAW側でかなり弄る必要ありそう。
MIDの効き具合が気に入りませんでした。もう少しおいしい帯域にしてよと。
そしてローを出すとすぐモコモコする。でも削ると迫力でない。

と悪い部分ばかり書きましたが、これは僕が例のアンプが元々嫌いだからだと思います。
実際はそんなに悪くないのかもしれない。
逆にこの手のアンプの音作りを誰かに聞いてみたい。

そんなこんなで価格は安いですが、僕はパスということで明日にでもアンインスコします。
それではX50のデモ版レビューでした。




↓よければポチッとお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。