ハーモニクスを上手に鳴らす

20140316_01.jpg

知り合いに「ピッキングハーモニクスがうまく鳴らん!」と相談されたので説明。
(長いので「Read more」で分割してます)

そもそもハーモニクスとはなんでしょう。和訳すると倍音という事になります。

誤解をおそれず簡単に説明すると、オクターブ上の同音になります。
音は振動によって作られるのはご存知だと思いますが、実は1オクターブ上の音は元の音に対して振幅が1/2になります。2オクターブ上であれば1/3です。

ここでギターを考えてみると、弦そのものが振動しています。
開放弦を弾いた場合、ナットからブリッジまでの大きな波が形成され音になります。
ナチュラルハーモニクスでは12Fを軽く押さえてピッキングしますが、これはナットからブリッジのちょうど中間地点を押さえて振幅を1/2にしていることになります。(上図)

先ほど説明した通り、振幅が1/2になることで1オクターブ上の音が出ることになります。
要するに12Fを押さえた音と同じ音が出てるだけです。

ですが、実際に12Fを押さえた音と、12Fでナチュラルハーモニクスを出した音は響きが違います。
ナチュラルハーモニクスの方がキレイですよね。
それはなぜかと言いますと、上図を見ても分かる通り1/2の波形が12Fを中心に左右に2つできるからです。
要するに1オクターブ上の音が2つ同時に鳴っています。
その2つの同音が響き合ってキレイに聴こえるんですね。

完全に12Fを押さえてしまうと、ピッキングが押弦ポイントより左には伝わりません。
なので軽く指で触れるんです。

以上の理屈を把握して頂ければ、同様に1/3、1/4と色々なポイントで実はハーモニクスが出せるのが理解できると思います。

さて、ここでようやく本題です。
ピッキングハーモニクスもナチュラルハーモニクスと同じ原理です。

ピッキングハーモニクスが上手く出せない方は、適当に親指の腹や側面を弦にこすり付けているのではないでしょうか?

実のその場所が大事なんですね。
ピッキングした後に、押弦しているフレットからブリッジまでの間でちょうど整数分の1になるポイントに触れることが大事です。

例えば7Fでピッキングハーモニクスを出す場合、PUが2ハム構成のギターだとはフロントPUの少しブリッジ寄りと、フロントPUとリアPUの中間地点くらいの2箇所がポイントになると思います。
前者の方が少しマイルドな音、後者は切れ味鋭い音になるので、試してください。

僕の知り合いはこの説明でピッキングポイントを意識するようにしてから、ハーモニクスを出せるようになりました。
なにかの参考になれば幸いです。



↓よければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。